長篠・設楽原(3)長篠の戦いのきっかけはココ!長篠城(愛知県新城市)

0

    前回のつづき)

     

    愛知県新城市で 設楽原歴史資料館馬防柵を見学したひろまる
    次は、お城を訪ねます。

     

    新東名高速道路「新城IC」より車で約15分ほど、日本100名城のひとつ「長篠城」(国指定史跡)に到着です。

    長篠城

     

    無料駐車場あり。

     

    長篠城

     

    まずは、駐車場のとなりにある「長篠城址史跡保存館」から見学。

    長篠城

     

    観覧料210円(設楽原歴史資料館との共通券は400円)

     

    長篠城の「日本100名城スタンプ」もここにあります。
    2階の受付でお願いするようです。

    長篠城

     

    館内には「長篠・設楽原の戦い」に関する資料が保存・展示してあります。

     

    長篠城の英雄?鳥居強右衛門(とりいすねえもん)さんの活躍についても説明されています。
    ※詳しくは新城市のHPをご覧下さい
     

     


    では、いよいよ長篠城址へ。

    長篠城

     

    ◎長篠城とは…
    長篠城は、三河国
    (愛知県)にあった戦国時代末期の城。豊川と宇連川が合流する50mの断崖上にあり、平地側は水堀と土塁で守る要害であった。
    愛知・長野・静岡へ通じる道中にあり、戦国時代、武田氏と徳川氏が拠点として奪いあった。
    「長篠・設楽原の戦い」の時には徳川側の奥平氏が守る城で、武田軍が1万5千の兵で長篠城を攻めたことから戦いが始まった。
    現在は建物は残っていないが、内堀と土塁の一部を見ることができる。

     

    長篠城

     

    縄張図の看板。
    駐車場や保存館は、二の丸・帯郭内にあたるらしい。

    長篠城

     

    駐車場・保存館(二の丸)と本丸の間の内堀。
    いまは空堀だが、昔は水堀だったみたいです。

    長篠城

     

    本丸へ入ります。

    長篠城

     

    先ほどの堀の内側には土塁が。

    長篠城

     

    土塁の上も歩けます。

    長篠城

     

    本丸内。
    建物は残っておらず、広いスペースだけです。


    長篠城

     

    長篠城内にはJR飯田線が通っていて、本丸と南側の野牛郭(やぎゅうくるわ)とが分断されている。 残念!

    長篠城

     

    宇連川を挟んだ対岸には、長篠城を監視する武田軍の5つの砦があったそう。


    その砦に徳川軍が奇襲をかけたことが、設楽原の決戦開始のきっかけとなった。

     

    長篠城

     

    線路の向こう、本丸南側の野牛郭へも行ってみましょう。
    ここへは、駐車場から東へ歩いてすぐ。

    長篠城

     

    踏切を渡ります。電車に注意!

    長篠城

     

    踏切を渡ったところ。
    土塁が削られているみたいだね。もったいない!

    長篠城

     

    野牛郭跡。何もなさそう。

    長篠城

     

    野牛郭内の殿井(とのいど)
    飲料水となる湧き水が出るところのようだが、草がいっぱいでよく分かりませんでした。

     

    長篠城

     

    建物は残っていないけれど、堀や土塁、保存館など、いろいろ楽しめた長篠城でした。

     

    以上で、長篠城・設楽原古戦場の訪問記は終了です!

    長篠城

     

    まだまだ長篠・設楽原周辺には今回見られなかった歴史スポットがあるようなので、また訪れたいと思います。

     

    ここまで読んでいただき、

     

    ありがとうございました!

     

    (おわり)

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■参考

    新城市WEBサイト、現地案内板

    ■関連記事

    長篠・設楽原(1)新城のPA・道の駅で腹ごしらえ(愛知県新城市)

    長篠・設楽原(2)日本一の火縄銃展示と400年前の古戦場へ(愛知県新城市)

     

     

    ■長篠城址史跡保存館 基本情報
    入館料:210円(設楽原歴史資料館との共通券は400円)
    休館日:火曜(火曜日が休日の場合は翌平日)、年末年始
    開館時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで)
    アクセス(車):新東名高速道路「新城IC」より国道151号経由で約15分

    ※実際に訪れる際には公式HP等の最新情報をご確認ください

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★WEBサイト「勝手に紹介!歴史スポット」

    ★ブログランキング参加中!(アイコンクリックで順位が見られます)
     にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

    ★JUGEMテーマ:お城

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    <PR>

    ひろガリ工房

    日本のお城ブックカバー
    ネットショップ「ひろガリ工房」ではブックカバー・キーホルダーなどオリジナルグッズを販売中です。

    ☆送料無料☆


    武節城/武田勝頼ゆかりの城へ(愛知県 稲武地区)

    0

      こんにちは、ひろまるです。
      ひろまるさん2

       

      今回 “勝手に紹介” する歴史スポットは、

      愛知県豊田市の稲武地区にある「武節城(ぶせつじょう)です。

      稲武 武節城

       

      ここは「どんぐりの里 いなぶ」

      愛知県豊田市の国道153号沿いにある道の駅。

       

      稲武 武節城

       

      その道の駅のすぐ近くに小さな山が。

      ここが「武節城(ぶせつじょう)」です。

       

      稲武 武節城

       

      山の上をよく見ると「武田勝頼ゆかりの武節城址」の看板が。

       

      ◎武節城とは…
      戦国時代の平山城。三河・信州・美濃の国境にあり、武田・徳川の戦いの舞台にもなった。徳川家康の長男 信康の初陣はこの武節城攻めとのこと。
      また、長篠の戦いに敗れた武田勝頼が領地の信州へ逃れる際、この武節城で一夜を明かし、その時に梅酢湯を飲んだという言い伝えが残っています。
      武田家滅亡後は徳川方の城となったが、家康の関東移封にともない廃城になりました。
      (現地案内板より)

       

      稲武 武節城

       

      道の駅に車を停め、武節城址へ向かいます。

       

      稲武 武節城

       

      坂道を登っていくと、左手に段々になったスペースが。
      高い方から、本丸、二の丸、三の丸のよう。

       

      稲武 武節城

       

      三の丸。範囲ははっきり分からないが、結構広そう。

       

      稲武 武節城

       

      こちらは二の丸

       

      稲武 武節城

       

      さらに上に進むと本丸へ。

       

      稲武 武節城

       

      本丸に到着! 建物は何も残っていない。
      ちょっとした広場くらいの広いスペースがある。

       

      稲武 武節城

       

      脇には武節城陣没者供養碑が。
      さらにその上に見えるのは城山神社。ここには元は物見台狼煙台が建てられていたようです。

       

      稲武 武節城

       

      本丸の奥には蔵屋敷跡などもあったが、荒れていてよく分からなかった。

       

      稲武 武節城

       

      城山からは稲武の町がよく見えます。
      里山の懐かしい雰囲気を感じることができました。

       


      車を停めた、道の駅「どんぐりの里 いなぶ」も紹介。

      稲武 武節城

       

      どんぐり横丁では、地元で採れた野菜や焼きたてパンなど、いなぶ産の商品がいろいろと売っています。

      稲武 武節城

       

      どんぐり食堂で食事。
      五平餅や米粉入りうどんを食べる。うまっ!

      稲武 武節城

       

      隣接する、どんぐりの湯
      露天風呂もある日帰り天然温泉のようです。

      稲武 武節城

       

      こちらは、どんぐり工房
      稲武地区にあった明治時代の民家を移築した建物で、いろいろな山里の体験ができるそう。

      稲武 武節城

       

      今は「いなぶ旧暦のひな祭り」を展示中。

      (すでにプレオープンしていました)

       

      稲武 武節城

       

      道の駅なので車で行くのが基本でしょうが、名鉄の浄水駅または豊田市駅から「おいでんバス」でも行くことができます。

       

       

      稲武には仕事で今後もちょくちょく行く予定なので、その他の歴史・観光スポットもまた紹介したいと思います。

       

      お楽しみに!

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      ■参考
      どんぐりの里いなぶWEBサイトいなぶ観光協会WEBサイト

       

      ◎武節城 基本情報
      入城料:無料
      駐車場:どんぐりの里いなぶの無料駐車場を利用可


      アクセス(車で):名古屋ICより約1時間30分、豊田勘八ICより約50分
      アクセス(バスで):名古屋市営地下鉄鶴舞線→名鉄豊田線「浄水駅」で「おいでんバス」に乗換→「足助病院」で稲武方面へ乗換→「どんぐりの湯前」で下車(浄水駅より2時間弱、1100円)


      ※実際に訪れる際には公式HP等の最新情報をご確認ください

       

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ★WEBサイト「勝手に紹介!歴史スポット」

      ★ブログランキング参加中!(アイコンクリックで順位が見られます)
       にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

      ★JUGEMテーマ:お城

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      <PR>

      ひろまるキーホルダー

      ひろガリ工房 オリジナルグッズ
      ネットショップ「ひろガリ工房」では、日本のお城キーホルダーなどオリジナルグッズを販売中です。

      ☆送料無料☆


      岡崎城(5)まだある!岡崎城の見学スポット

      0

        前回のつづき)

         

        岡崎城天守を見学したひろまるは、岡崎公園内を散策。

         


        天守と家康館以外にもいくつかある、見学スポットを紹介していきましょう。

         

        岡崎城

         

        まずはこちら「二の丸御殿 井戸跡」。

         

        大手門から入った先の売店横にあります。

        岡崎城

         

        平成の発掘調査で発見された江戸時代の石組み井戸で、二の丸御殿で使われていたようです。

         



        岡崎城

         

        こちらは「二の丸能楽堂」。


        岡崎城

         

        これは現代の施設かな?

        能・演奏会・記念式典などのイベントに使われているようです。

         



        岡崎城

         

        旧二の丸の広場にある「からくり時計塔」。

         

        一見、普通の時計塔だが・・

        岡崎城

         

        毎時0分、30分になると、パカッと開く!

        岡崎城

         

        そして、徳川家康の人形が能を舞ったり、遺訓を語ったりします。

         

        このからくり人形、一瞬でお面を被ったり、なかなかの動きです。

         



        岡崎城

         

        広場から少し下ったところにある「産湯の井戸」。

         

        家康が誕生した際に、この井戸の水を汲み、産湯に使用したそうです。

         



        岡崎城

         

        天守の北側にある「廊下橋跡」。

        岡崎城

         

        今は復元された(?)石橋が架かっている。

         

        脱出用の橋なのかな?

         



        家康関連の銅像や石像などもいくつか見られます。

        岡崎城

         

        まずは主役の「徳川家康公銅像」。

         

        岡崎城

         

        こちらは有名な「しかみ像」をもとにして作られた家康の石像。

         

        ※しかみ像=「徳川家康三方ヶ原戦役画像」。浜松の三方ヶ原で武田信玄の大軍に無理な戦いを挑み・破れ、多くの家臣を失った家康が、自戒の念を忘れることのないように描かせたもの。顔をしかめて苦渋の表情をあらわした珍しい肖像画。(現地案内板より)

         


        岡崎城

         

        子供時代の竹千代、大人になった家康公。ダブル家康の石像もありました。

         


        岡崎城

         

        徳川四天王のひとり「本多忠勝公銅像」。

         

        手に持っている槍は、蜻蛉切(とんぼきり)かな?

         


        おまけ
        岡崎城

         

        岡崎公園内には、いくつかのお土産屋や食事処があります。

         

        そのなかの一軒で食事をしました。

         

        岡崎城

         

        せっかく岡崎に来たので、土地の名物を食べたいっ!

         

        ということで、八丁味噌を使った「どて丼」をいただきました。

         

        甘辛くて、うまいっ!

         



        以上で、今回の岡崎城 訪問記は終了です。

        ひろまる8

         

        ここまで読んでいただき、

         

        ありがとうございました!!

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         

        岡崎城


        ■関連記事
        岡崎城(1)大河では敵役。徳川家康誕生の城へ!

        岡崎城(2)決戦関ヶ原!家康館と武将隊

        岡崎城(3)二の丸から本丸・天守へ

        岡崎城(4)天守閣で発見!よくあるシリーズ

        ■参考
        岡崎公園WEBサイト、岡崎城リーフレット

         

        ◎岡崎城(岡崎公園)基本情報
        入館料金:岡崎城 大人200円、三河武士のやかた家康館 大人360円、共通券 大人510円
        開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
        休館日:年末(12/29〜12/31)
        駐車場:有料駐車場あり(岡崎公園駐車場 乗用車30分につき100円)
        アクセス:東名高速「岡崎」ICより名古屋方面へ3km。名鉄「東岡崎」駅より徒歩約15分

        ※お城へ行く際には公式HP等の最新情報をご確認ください

         

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ★WEBサイト「勝手に紹介!歴史スポット」

        ★ブログランキング参加中!(アイコンクリックで順位が見られます)
         にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

        ★JUGEMテーマ:お城

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        <PR>

        ひろガリ工房

        日本のお城ブックカバーA(文庫サイズ 4枚入)


        日本のお城をプリントしたクラフト紙のブックカバーです。

        ☆送料無料☆



        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>

        ◎ブログ記事一覧

        ◎関連サイト

        ◎ブログランキングに参加中!


        にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

        ◎ご確認ください↓

        記事内で紹介している施設・商品等の情報はブログ記載時のものです。 実際に訪れる際、または商品を購入する際には最新の情報をご確認ください。

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM