豊田市いなぶ大井平公園 もみじまつり

0

    こんにちは、ひろまるです。

    ひろまるさん4

     

    先週末(11/12)、愛知県豊田市の稲武(いなぶ)地区へ紅葉を見に行ってきました。
    今回は、
    稲武の「もみじまつり」を紹介します。

     


    稲武 紅葉

     

    やってきたのは、豊田市の道の駅「どんぐりの里 いなぶ」

     

    ここに車を停め、歩いて「もみじまつり」の会場「大井平公園」へ向かいました。

     


    ◎紅葉シーズンの渋滞について
    名古屋方面から稲武地区へ向かう場合、通常であれば国道153号を通り「足助」を通過しますが、紅葉のメジャースポット「香嵐渓」の大渋滞に捕まるため、迂回が必須です。
    「香嵐渓 渋滞 回避」等のワードで検索すれば、抜け道を紹介したサイトが見つかりますので探してみてください。

     

    また、稲武の「大井平公園」の駐車場も昼前には満車になり、公園から「道の駅」あたりまで渋滞が発生していました(ほとんど動かない)。
    朝早く着くように動くか、「大井平公園」まで車で行かずに、稲武の町(古い町並み)の方を通り「道の駅」の駐車場に停めて徒歩で行くのが良いかと思います(今回はそうしました)。

     

    稲武 紅葉

     

    道の駅から「名倉川」沿いの遊歩道を進みます。

     

    このルートは、春のウォーキングイベントで通った道だね。

     

    稲武 紅葉

     

    川のすぐ横も歩けます。

     

    紅葉した木々が見え始めたぞ。

    稲武 紅葉

     

    きれい!

    稲武 紅葉

     

    「もみじまつり」の会場「大井平公園」に到着!

     

    道の駅からここまで、約20分ほどかな?

    稲武 紅葉

     

    少し山を登った展望台から撮影。

     

    会場では、地元食材を使ったグルメの屋台が出ていたり、和太鼓のパフォーマンスも見られたよ。

     

    稲武 紅葉

     

    遠くから紅葉を鑑賞したら、今度は近くで見てみよう。

    稲武 紅葉

     

    こりゃすごい。

    稲武 紅葉

     

    香嵐渓と比べると規模はかなり小さいけど、赤・オレンジ・黄色・緑とカラフルな自然美が楽しめました。

     


    稲武 紅葉

    ↑ 武節城のふもとも紅葉中

     

    道の駅「どんぐりの里 いなぶ」まで戻ってひとやすみ。
    ここの道の駅には日帰り温泉もあるから、疲れも取れるね。

     

    稲武の大井平公園「もみじまつり」は11/26まで。

     

    先週末(11/12)の時点でまだ赤くなりきっていない木もあったので、今週末も紅葉鑑賞にはよさそうですね。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■参考

    いなぶ観光協会(豊田市稲武地区)

    道の駅 どんぐりの里いなぶ

     

    ■関連記事

    稲武でウォーキング&歴スポさがし!(愛知県豊田市)

    武節城/武田勝頼ゆかりの城へ(愛知県豊田市)

     

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★WEBサイト「ひろまるWEB/勝手に紹介!歴史スポット」

    ひろまるWEB

    ★ブログランキング参加中。↓応援クリックお願いします!
     にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

    ★過去の主な記事は「ブログ記事一覧」から

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    <PR>

    ひろガリ工房

    ポップな「イラスト素材」データ
    ネットショップ「ひろガリ工房」では、ポップな「イラスト素材」データを販売中です!


    小渡 夢かけ風鈴まつり/真夏の山里に響く風鈴の音(愛知県豊田市)

    0

      こんにちは、ひろまるです。

      ひろまるさん6

      今回“勝手に紹介”するのは、愛知県の旭地区・小渡(おど)で行われているイベントです。

       

      小渡町では、7月中旬から8月末まで、家々の軒先にたくさんの風鈴を飾る

      「小渡 夢かけ風鈴まつり」が開催されます。

       

      歴史スポットというわけではないですが、今回このイベントに初めて行ってみたので紹介したいと思います。

       

      それでは、「小渡 夢かけ風鈴」訪問記スタート!

       


      小渡 夢かけ風鈴

       

      駐車場(無料)のある小渡町中央広場から散策スタート。

       

      ここまでは、名古屋・豊田方面からは国道153号より県道11号へ入り、矢作川沿いにひたすらまっすぐで着けます。

      小渡 夢かけ風鈴

       

      駐車場から商店街へ出る途中にある赤い橋

       

      アーチ状にアサガオと風鈴が飾られている。
      アサガオが咲いている朝に見られたら、よりキレイそうだ。

       

      小渡 夢かけ風鈴

       

      イベントの中心、風鈴通り

      お店や家々の軒先に風鈴が飾られています。

       

       

      小渡 夢かけ風鈴

      途中の広場には、たくさんのガラス製風鈴が涼しげな音を鳴らしていました。

       


      小渡 夢かけ風鈴

       

      こちらは、その名も風鈴寺

      小渡 夢かけ風鈴

       

      風鈴寺というのは別名で、実際の名前は増福寺というようです。

      「増える福」とはありがたい名前だね。

      小渡 夢かけ風鈴

       

      階段の手前に金属製の風鈴がたくさん飾られているぞ。

      小渡 夢かけ風鈴

       

      これが、5色の短冊(色ごとにご利益が異なる)に願いをかける夢かけ風鈴のようだ。


      小渡 夢かけ風鈴

       

      増福寺の本堂(だぶん)

      小渡 夢かけ風鈴

       

      ここにもたくさんの風鈴が。

       

      増福寺の夢かけ風鈴の奉納は、まつり期間中だけでなく年間を通じておこなっているようです。

       

      小渡 夢かけ風鈴

       

      お寺の裏山には登山道らしきものがあったぞ。

       

      案内看板によると・・

      小渡 夢かけ風鈴

       

      なんと、小渡城という戦国時代の山城の跡に行けるようだ!

       

      しかし、この日は暑すぎた…
      半ば熱中症になりかけていたため、登城は無念の断念。

       

      涼しくなったら、きっとまた来よう。

      小渡 夢かけ風鈴

       

      8月の暑い日でしたが、風が吹いて風鈴の音が聞こえると少し涼しい気分になれました。

       

      個人的には、風鈴の数を今の倍以上に増やしてもらって、もっともっと風鈴まみれになりたかったですね。今後に期待です。

       

      「小渡 夢かけ風鈴まつり」は8月末まで開催中なので、興味ある方は豊田市の観光サイト等をチェックしてみて下さいね。

       

      (おわり)

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ■参考

      ツーリズムとよたWEBサイト旭観光協会WEBサイト、旭観光協会リーフレット、現地案内板

       


      ■小渡 夢かけ風鈴まつり
      風鈴展示期間:2017年7月16日〜8月31日
      ※実際に訪れる際には公式HP等の最新情報をご確認ください

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ★WEBサイト「ひろまるWEB/勝手に紹介!歴史スポット」

      ひろまるWEB

      ★ブログランキング参加中。↓応援クリックお願いします!
       にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

      ★過去の主な記事は「ブログ記事一覧」から

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      <PR>

      ひろガリ工房

      日本のお城キーホルダー 犬山城
      ネットショップ「ひろガリ工房」では、日本のお城キーホルダーなどオリジナルグッズを販売中です。

      ☆送料無料☆


      徳川美術館と徳川園(2)名古屋の真ん中で日本庭園を散策(愛知県名古屋市)

      0

        前回のつづき)

         

        ひろまるは、名古屋の徳川美術館で特別展「天下人の城」を堪能!

         


        徳川美術館・徳川園

         

        徳川美術館の建物について。

         

        建物の一部(第7・8・9展示室)は、昭和10年(1935年)に建てられた開館当時の展示室で、国の登録文化財です。※写真撮れてません

         


        徳川美術館・徳川園

         

        こちらの建物は、蓬左文庫(ほうさぶんこ)

         

        尾張徳川家の旧蔵書を中心に、優れた古典籍とともに古絵図なども豊富に所蔵する公開文庫です。

         

        今回は徳川美術館と蓬左文庫が連携して、特別展の展示を行っていました。

         


        徳川美術館・徳川園

         

        こちらは徳川美術館と徳川園の間にあるショップ。

         

        地元の名産や伝統工芸品から、侍グッズっぽいお土産まで売っています。



        徳川美術館・徳川園

         

        それでは、つぎは「徳川園」を散策しましょう。

        徳川美術館・徳川園

         

        この徳川園も、もとは尾張徳川家の大曽根別邸だった場所。

        徳川美術館・徳川園

         

        今は日本庭園として再整備・公開されています。
        滝もあるよ。

        徳川美術館・徳川園

         

        庭の大部分を占める、龍仙湖(りゅうせんこ)
        池泉回遊式庭園の中心的存在で、地下水を水源としている。

        徳川美術館・徳川園

         

        立派な建物、観仙楼(かんせんろう)
        龍仙湖に面する二層の建物で、レストランやホールとして利用可能。

        徳川美術館・徳川園

         

        少し高い所にある茶室、瑞龍亭(ずいりゅうてい)
        庭や龍仙湖がよく見えました。

         

         

        名古屋の真ん中にある日本庭園で、心落ち着くひととき。

        徳川美術館に行った際には、ぜひ徳川園にも寄ってみてください。

         


        徳川美術館・徳川園

         

        以上で、今回の徳川美術館と徳川園の紹介は終了です。

         

        特別展「天下人の城」は、8/16からの後期展示で入れ代わる展示物もあるようなので、また機会があれば行きたいと思います!

         

        (おわり)

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ■参考

        徳川美術館WEBサイト徳川園WEBサイト、徳川美術館・徳川園リーフレット、現地案内板

        「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜WEBサイト

         

        ■関連記事

        徳川美術館と徳川園(1)特別展「天下人の城」(愛知県名古屋市)

         

         

        ■徳川園 基本情報
        開園時間:9:30〜17:30(入館は17:00まで)
        休園日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始
        入園料:300円、徳川園と徳川美術館・蓬左文庫の共通券1,550円
        アクセス:「大曽根駅」より徒歩約15分
        ※実際に訪れる際には公式HP等の最新情報をご確認ください

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ★WEBサイト「ひろまるWEB/勝手に紹介!歴史スポット」

        ひろまるWEB

        ★ブログランキング参加中!(アイコンクリックで順位が見られます)
         にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        <PR>

        ひろまるキーホルダー

        日本のお城キーホルダー 名古屋城
        ネットショップ「ひろガリ工房」では、日本のお城キーホルダーなどオリジナルグッズを販売中です。

        ☆送料無料☆



        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>

        ◎ブログ記事一覧

        ◎関連サイト

        ◎ブログランキングに参加中!


        にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

        ◎ご確認ください↓

        記事内で紹介している施設・商品等の情報はブログ記載時のものです。 実際に訪れる際、または商品を購入する際には最新の情報をご確認ください。

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM