名古屋城 ついに公開 本丸御殿!(その2)

0

    前回のつづき)

     

    本丸御殿が完成・公開したばかりの名古屋城へやってきたひろまる
    さあ、本丸御殿の内部を見てみよう!


    ◎名古屋城 本丸御殿とは…
    尾張藩主の住まいとして徳川家康の命により1615年に建てられ、1634年には将軍のお成り御殿として上洛殿が増築された格式高い御殿。
    1945年
    (昭和20年)の空襲で天守閣とともに全焼したが、この6月に復元が完成し公開を開始した。

     


    名古屋城

     

    玄関・車寄(くるまよせ)
    ここは将軍様など正規の来客だけが使える、本丸御殿への正式な入口です。

    名古屋城

     

    なので、我々は少し先にある横の出入口を使います。

     

    靴を脱ぎ、ビニール袋に入れて入場。
    リュックは背負わずに、身体の前に。建物を傷つけないためだね。

     

    名古屋城

     

    最初に入ったところは、中之口部屋という場所。

    名古屋城

     

    中之口部屋は、本丸御殿の実質的な玄関で、家老の詰所としても使われていたそうです。

     

    名古屋城

     

    通路を通り、南の玄関へ移動。

    名古屋城

     

    玄関は、正規の来客がまず通される建物。
    壁や襖には虎が描かれ、客を驚かせました。

    名古屋城

     

    (とこ)や違棚(ちがいだな)が備えられた立派な部屋。
    虎の画もかっこいい。

    名古屋城

     

    幅約6メートルの大廊下
    玄関と奥を結ぶ重要な通路です。

     

    名古屋城

     

    次にやってきたのは表書院

    名古屋城

     

    表書院は、藩主と来客や家臣との公的な謁見に使われた場所。

    名古屋城

     

    奥に位置するのは上段之間。
    (ゆか)も一段高くなっていて、藩主の座として使われた。

    名古屋城

     

    (とこ)や付書院(つけしょいん)を備える。
    殿様の部屋らしく、金ピカで豪華だね!

     

    名古屋城

     

    次は対面所(たいめんじょ)へと向かいます。

    名古屋城

     

    天井などのつくりが違うのも面白いね。

    名古屋城

     

    対面所・次之間。
    障壁画には、四季の風物や名所が描かれている。

    名古屋城

     

    対面所・上段之間。
    対面所は、藩主と身内や家臣との私的な対面や宴席に使われました。

    名古屋城

     

    天井も豪華!
    黒漆喰の天井板に金箔が貼られた、二重折上小組格天井です。

     

    名古屋城

     

    さあ、次はいよいよ今回初公開の上洛殿へ…

     

    行くぞ!

     

    (つづき「名古屋城 ついに公開 本丸御殿!その3」を読む)

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■参考

    名古屋城公式WEBサイト

    名古屋城本丸御殿WEBサイト

     

    ■関連記事

    名古屋城 天守と花見と横丁と 2018春

    名古屋城 ついに公開 本丸御殿!(その1)

     

    ■名古屋城 基本情報
    開園時間:9:00〜16:30(本丸御殿への入場は16:00まで)
    休園日:年末年始
    観覧料:大人500円
    アクセス(電車):地下鉄名城線「市役所」駅下車、7番出口より徒歩約5分
    アクセス(車):名古屋高速都心環状線「丸の内」出口より北へ約5分
    駐車場:あり(有料)
    ※実際に訪れる際には公式HP等の最新情報をご確認ください

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★WEBサイト「ひろまるWEB/勝手に紹介!歴史スポット」

    ひろまるWEB

    ★ブログランキング参加中。↓応援クリックお願いします!
     にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

    ★JUGEMテーマ:お城

    ★過去の主な記事は「ブログ記事一覧」から

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    <PR>

    ひろガリ工房

     

    オリジナルブックカバー
    ネットショップ「ひろガリ工房」では、オリジナルデザインのお城ブックカバーを販売中です。

    ☆送料無料☆


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    ◎ブログ記事一覧

    ◎関連サイト

    ◎ブログランキングに参加中!


    にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

    ◎ご確認ください↓

    記事内で紹介している施設・商品等の情報はブログ記載時のものです。 実際に訪れる際、または商品を購入する際には最新の情報をご確認ください。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM